電源に関する知識は持っておいて損はありません

オンラインゲームの動作には直接関係しませんが、より良い環境でプレイをしたい方はパソコンの電源にもこだわってみましょう。電源というと起動スイッチの事を思い浮かべますが、パソコンでいう電源は電源ユニットの事を言います。

分かりやすく言うと、パソコンの内部に設置されているコンセントです。このコンセントから各部分へ配線が伸ばされており、電気が送られる仕組みとなっています。パソコンについている電源によって、供給できる電気の容量が決まっているので、たくさん電気を使う様な高CPUの時はそれに見合った電源が必要になります。

電源の買い替えって必要なの?選び方は?

電源の買い替えが必要かどうかについて説明します。ゲームパソコンの推奨認定タイプであれば良い電源が組み込まれているので買い替える必要はありません。しかし、単にCPUやHDD、メモリだけをゲーム推奨環境にして組んでいるPCでは、安物の電源が組み込まれているので、変えた方がゲーム環境自体はよくなると思います。

電源の容量が足りていない、もしくはギリギリという状態だとPCの動作が鈍くなります。メモリなどが足りているのに動作が鈍い時はパソコンの電源をチェックしてみましょう。500W以上の電源であれば問題はないので、買い替える時は500W以上の物を選んで下さい。

GTX680やRadeon HD7970以上のクラスの最大消費電力が200Wを超えるようなグラフィックボードを搭載するなら600以上あったほうが安心かもしれません。

あと、ファンレス電源に変えることで、パソコンの音が静かになります。パソコンの電源には熱がこもるので冷却ファンが取り付けられているのですが、このファンの音は意外とうるさいです。

ゲームをし始めるとパソコンがウィンウィンと唸るような音をあげることに覚えがあると思いますが、この音が気になる方はファンレス電源がお勧め。静かな環境でゆったりとゲームを行えるハズです。

ゲームパソコンのBTOと言えば?