ゲームパソコンの自作はかなり知識が求められます

一度やるとハマってしまうというゲームパソコンの自作。魅力は費用を抑えられる事ですね。ネットのパソコンショップで部品を個別に購入すれば総額10万円以下で新品のゲームパソコンを手に入れる事が可能となります。

しかも、性能的な部分で言えば10万円以上するPCと同じかそれ以上となります。製作費を省いた値段といった感じですね。しかし、ゲームパソコンの自作は想像以上に難しいのでパソコンに関するある程度の知識がないと自分で組み立てるのは難しいでしょう。

次にパソコンを自作するのに必要なパーツを紹介していきます。まずPCケース。これは大きさだけが大切なので性能的な問題は特にないと思います。ミニタワーと呼ばれる小さいサイズも人気みたいですが、初めて自作をする方はミドルタワーが良いと思います。

次にマザーボード。マザーボードの種類によって取り付けられる部品が異なってくるので、事前にどの部品を付けるのかを確認しておきましょう。古いマザーボードであれば安く手に入りますが、古すぎると最新の部品が取り付けられないので注意して下さいね。

あと必要になるのはCPU。これがなければ話になりません。CPUはPCの性能を左右する部品なのでこだわって欲しいと思います。2.0GHZ以上を購入するのが良いと思います。また、CPUを冷却するCPUクーラーも必要です。CPUはかなりの熱を持つのでファンは絶対に必要です。

次にHDD。データを記憶する部分でSATAとIDEがあるのですが、SATAの方がPC性能が良く安いのでSATAを買うのがよいでしょう。250GB以上が推奨です。あとはメモリですが、これは多ければ多い方が良いです。ゲームをするのであれば最低2GBは欲しいですね。1GBだと動作が重いので最低でも2GB用意しましょう。

あとはOSですね。色々と言われていますがXPの方が良いです。VISTAだとメモリを消費するだけなのでXPにしましょう。ゲームをするのであれば、他の用途でPCを使わないのでXPで十分です。

最後はモニタとキーボードとマウス。これは好きな物を選べば良いです。これらは中古品でも問題ないと思うのでこだわりがなければ安く済ませるのが良いでしょう。

ゲームパソコンのBTOと言えば?