プレイするゲームと部屋の環境によって選びましょう

まず、モニターを選ぶときの基準ですがゲームパソコン用と考えるなら、画面サイズ、3D映像への対応、遅延対策の3つがポイントになっています。

遅延というのはテレビなどに出力した場合におこる現象なので、PCモニターを使う場合はほぼ問題ありません。ただし、32型以上のモニターにはない大きなサイズで遊びたいという方の場合は、熟慮が必要です。

格闘ゲームなどの特にアクション性が高いゲームの場合、トッププレイヤーでなくてもモニターの遅延は気になることがあるぐらいです。評判が良いのはゲームモードを用意して遅延を少なくしている東芝のREGZAあたりが選択肢としては有力でしょうか。

なお、画面サイズはお好みで、3D映像の対応はモニタだけでなく出力するグラフィックボードもチェックが必要なので覚えておいてください。

大画面モニターのメリットって何?

モニターの大きさですが、これはゲームをプレイする画面サイズによって異なってきます。オンラインゲームは画面に映し出す画面サイズを変更する事が出来ます。

デフォルトでフルスクリーンとなっているゲームがほとんどですが、そういったゲームでも設定を変える事で小さい画面でのプレイが可能となります。小さい画面にしてゲームをする利点は動作が軽くなるという事。

フルスクリーン時にパソコンが重くて動かなかったとしても、画面を小さくする事でプレイが快適になることがあります。ただ、ゲームパソコンであればゲーム用に組まれているので、フルスクリーンでも動作が重くなる事はないでしょう。

最近のオンラインゲームはデザイン技術が大きく進歩してきています。以前は2Dが主流でしたが最近は3Dが主流。その為、PCに要求されるスペックもかなり高くなっているのですが、この条件さえクリアすればオンラインゲームとは思えない程の高いグラフィックデザインによって演出されたゲームを楽しむ事が出来ます。

テイルズウィーバーやラグナロクオンラインなどは2Dなので大画面モニターにしてもあまり意味はありませんが、ファイナルファンタジーやリネージュなど3Dのゲームでは大画面モニターでフルスクリーンにすれば映画の様な環境でゲームをする事が出来るでしょう。

ただ、人によっては大画面でプレイすると目が痛くなるという事もあるでしょうから、3Dオンラインゲームをするからと言って必ず大画面モニターを購入しなければいけないという事はありません。

パソコンの性能が良ければ小さい画面でも綺麗な画像を楽しみながらの快適なゲームをする事が出来るので、自分の好みに合わせてモニターを購入しましょう。

ゲームパソコンのBTOと言えば?